多くのひとが住宅を購入するにあたって、住宅ローンを利用するはず。そこで気になるのがいくらまで借りることができるのかということではないでしょうか。

頭金と住宅ローンの合計が住宅購入資金となるわけですから、住宅ローンの限度額によって購入できる物件がかわってきます。

昔は年収の5倍まで借りられるといった目安がありましたが、今はほとんどの金融機関が返済比率という指標を使っているようです。この返済比率とは、年収に対するすべての借入の年間返済額の割合のことで、住宅ローン以外の借入も考慮されます。返済比率自体は金融機関によって異なります。

住宅金融支援機構が提供しているフラット35の場合、年収400万円未満で30パーセント以下、400万円以上で35パーセント以下となっています。年収400蔓延で頭金が2割、他に借入がないと仮定すると、35年元利均等返済、金利1.4パーセントで3872万円借りることができます。金利が下がってきているので、結構な金額の融資が受けられるようになっています。

下記のサイトで簡単なシミュレーションができますので、一度試算してみてはいかがでしょうか?

 

http://www.flat35.com/simulation/simu_03_2.html#kekka