コラム2_親から援助

「頭金があったほうがいいけど、そんな簡単に貯まらないよ~」特に若い世代からはそんな声も聞かれます。
そこで活用したいのが、住宅取得等資金贈与の特例。
この特例では、平成27年1月1日から平成31年6月30日までの間に直系尊属から住宅の資金の贈与を受けた場合、
一定の金額まで非課税になる制度です。
たとえば平成28年1月から平成29年9月までに親や祖父母から資金援助を受けた場合、最大1200万円が非課税の対象になります。
ちなみにこの非課税制度を利用しないと1200万円の贈与に対して315万円5000円もの税金がかかることを考えると非常にお得な制度といえます。親孝行、祖父母孝行はしておきたいものですね(笑)
この贈与特例には「贈与を受けた年の1月1日において20歳以上であること。」「贈与を受けた年の合計所得金額が2000万円以下であること。」といった制約がありますので詳しくは下記の国税庁のサイトで確認してみてください。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm