福岡市の戸建て割合は約23%であり、およそ4世帯に1世帯が戸建てに住んでいます。
一戸建てを購入した経緯は世帯によって異なり、老後でも安心して暮らすためや賃貸における
家賃および駐車場代をローンに充てる決断をしたケースなど様々です。
今回は、福岡で一戸建てを購入した人の体験談からみる環境の変化をご紹介します。
商業施設が多く交通の便が良い福岡市での暮らしにはさまざまな利点があるようです。

福岡で一戸建てを購入した人の体験談(新築一戸建て,一戸建て,戸建て,新築,分譲,分譲住宅,建売)
福岡市では約23%が戸建てであり、約4世帯に1世帯が戸建てに住んでいます。[注1]

一戸建てを購入する際は、立地や環境によって生活が変わるため、慎重に吟味する必要があります。

今回は、福岡で一戸建てを購入して環境が変化した人の体験談をご紹介します。

 

[注1]福岡市:福岡市の特性について[pdf]

http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/31453/1/hukuokasinotokuseinituite.pdf

 

 

将来を見据えて老後でも快適に暮らせる一戸建てを選んだ/福岡市・Iさん

「母と市内の一戸建てに住む以前、私と両親はそれぞれ違う場所で賃貸暮らしでした。
しかし父が先立ったことをきっかけに、高齢の母だけで一人暮らしが難しい状況になったのです。

いつかは家族と一緒に住むことを決めていた私は、母と自分の将来を見据えて、
老後でも快適に暮らせる一戸建てに住むことを決めました。
福岡市内にスーパーや大きな病院があることが決定打です。

実際に母と市内にある一戸建てに住みはじめて分かったのは、立地の重要性。

食料や日用品の買い出しが近場で済むことが非常に安心です。」

 

福岡市は商業施設が多く、家族が高齢で遠出できない場合でも近場で買い物を済ませることができる地域。

とくに中央区周辺は国立病院機構九州医療センターを筆頭とする大きな病院が複数あるため、
Iさんのように老後を考えて一戸建てを選んだケースでも安心して暮らせます。

 

 

家賃や駐車場代をもったいなく感じて一戸建てを買った/久留米市・Oさん

家賃や駐車場代をもったいなく感じて一戸建てを買った(新築一戸建て,一戸建て,戸建て,新築,分譲,分譲住宅,建売)
※画像はイメージです

「妻と子ども2人で公団住宅に住んでいましたが、都市部から遠い土地だったので車が必須でした。
公団なので当然家賃や管理費にプラスで駐車場が毎月の出費としてかかるのですが、
この際限ない出費をもったいなく感じて一念発起マイホームを購入。

駐車スペースは屋外ですが、ミニバン1台とさらに軽を1台ほど停められる十分な広さで
子どもが休日遊ぶ場にもなっています。」

 

一戸建ては賃貸のように毎月の駐車場代がかからない点がメリット。

Oさんのように毎月の家賃や駐車場代などをもったいなく感じている場合、
賃貸でかかる出費を一戸建てのローンに充てるという選択もおすすめです。

家族が通勤や買い物で車を必要とする場合、複数の車が停められる広い駐車スペースがあると
セカンドカーを保有した際に役立つでしょう。

 

 

一戸建てを購入して交通の便と住みやすさを両立できた/春日市・Eさん

「もともとは駅チカ物件に住んでいましたが、生活圏は昼夜を問わず自転車と車の通行量が
多いので子どもを連れて歩くには怖いと感じていました。

もう少し落ち着いて住める環境に引っ越したい一方、交通の便も重要だったので、
何度もモデルルームに行って吟味した結果、春日の戸建てを購入しました。
今の物件は最寄り駅まで少し遠いですが博多駅まで乗り換える必要がなく、
大通りに面していないので落ち着いて暮らせています。」

 

春日市は福岡市と隣接しているため交通の便がよく、
春日駅から鹿児島本線の快速に乗れば博多駅まで20分かかりません。

また、小中学校が多く白水大地公園や春日公園などの大きな公園もあるため、
子どもがいる世帯から人気とされている地域です。

 

福岡で一戸建てを購入した人の体験談によると、その多くが今の環境に満足しているようです。

一戸建ては分譲よりも独立性が高く、物件の築年数が経っても土地自体に
一定の資産価値が見込めるといった利点があります。

福岡は地域によって周辺環境が異なるため、一戸建て購入の際はモデルルームに参加するなど
実際に足を運んで満足できる物件を選びましょう。