一般社団法人自動車検査登録情報協会の調査によると、福岡県の乗用車保有台数は260万台。
福岡県では乗用車の保有率が1世帯1台以上であるため、
一戸建てを購入する際は余裕をもって2台以上の車を停められる駐車スペースが備えられた物件を選びましょう。
今回は福岡における新築一戸建ての探し方について解説します。

 

福岡,福岡市,久留米,春日市,一戸建て,新築,新築一戸建て,戸建て,分譲,建売,分譲住宅,福岡における新築一戸建ての探し方

 

福岡はシーズンごとの寒暖差が大きいのに加え、乗用車の所有率は260万台(平成30年7月時点)と
九州地方で最も高いという地域性があります。
そのため一戸建てを購入する際は、断熱性に長けていて駐車スペースが広い物件を選ぶことが肝心です。
今回は、福岡における新築一戸建ての探し方を3つ解説します。

 

 

1. 福岡で新築一戸建てを購入するときは断熱性の高い物件を選ぶ

福岡,福岡市,久留米,春日市,一戸建て,新築,新築一戸建て,戸建て,分譲,建売,分譲住宅,福岡で新築一戸建てを購入するときは断熱性の高い物件を選ぶ

 

福岡県の気候はシーズンによって日本海側気候と内陸型気候それぞれの特徴があらわれるため、
新築一戸建てを購入するときは断熱性に優れている物件を選びましょう。

福岡県は冬型の気圧配置になると曇りがちになる日本海側気候であり、
冬季は北西の季節風によって厳寒となることも少なくありません。
一方で久留米市を擁する筑後地域などの気候は年間をとおしてみると温暖であり、
年間降水量の多くが梅雨のシーズンに集中するため内陸型気候の性質もあります。

断熱性が乏しい物件は外気の影響をうけやすく、冬は室内の暖かい空気が室外へ逃げて寒くなります。
一方、夏は熱せられた外気が室内に入りこんで暑くなってしまいます。
無機繊維系の断熱材を使っている断熱性に長けた物件ならシーズンによって
大きな寒暖差がある福岡県でも快適に暮らすことが可能です。

 

 

2. 福岡で新築一戸建てを購入するときは駐車スペースが広い物件を選ぶ

福岡,福岡市,久留米,春日市,一戸建て,新築,新築一戸建て,戸建て,分譲,建売,分譲住宅,福岡で新築一戸建てを購入するときは駐車スペースが広い物件を選ぶ

 

福岡県は世帯あたりの乗用車保有率が高い傾向にあるため、
新築一戸建てを選ぶ際は敷地内に広い駐車スペースがある物件を選びましょう。

 

2018年7月時点における福岡県の乗用車保有台数は2,609,201台[注1]であり、
九州で最も多い台数です。九州で福岡県に次いで多い熊本県は1,040,704台ですが、
両県を比較しても倍以上の差があります。
福岡県の世帯数は2017年10月時点で2,253,916世帯[注2]なので、
1世帯あたり1台以上の乗用車を保有している計算になります。

 

福岡県は、乗用車保有率の高さに比例して、盗難や車上荒らしの発生件数も多く、
福岡県警察によると2017年の自動車盗認知件数は186件[注3]でした。
およそ2日に1件のペースで自動車盗が発生する計算であり、
愛車を自宅から離れた駐車場などで管理していると被害に遭うリスクが高いです。

 

自宅の敷地内で車を管理できれば盗難や車上荒らしを抑止できるため、
福岡県で新築一戸建てを購入する際は駐車場やガレージがある物件が望ましいです。
また、2台以上の車を停められる駐車スペースがあると、家族が免許を取得して新しく車を購入した際や急な来客にも対応できます。

 

 

3. 福岡で新築一戸建てを購入するときは周辺環境に満足できる物件を選ぶ

福岡,福岡市,久留米,春日市,一戸建て,新築,新築一戸建て,戸建て,分譲,建売,分譲住宅,岡で新築一戸建てを購入するときは周辺環境に満足できる物件を選ぶ

 

基本的に自宅の周辺環境は後から変えることができないため、
福岡で新築一戸建てを購入するときは付近のスーパーや病院といった商業施設および学校などの
教育機関を確認して周辺環境に満足できる物件を選びましょう。

 

買い物の利便性や通学・通勤する際のアクセスなど、快適な暮らしは物件そのものだけではなく周辺環境にも左右されます。
例えば相場が安くても付近にスーパーや病院がなくて出かける際に長時間の車運転が必要な場合、
家族が体調を崩した際や老後の暮らしが不自由になってしまうかもしれません。

 

新築一戸建てを購入する際に重要視するべきポイントは家族みんなが快適に暮らせるかどうかであるため、
予算オーバーを理由に妥協することは避けましょう。
県内で商業施設が多いエリアは福岡市や春日市を擁する福岡地域とされており、
今後の人口増加に伴ってさらに多くの商業施設が建てられるかもしれません。

 

 

福岡で新築一戸建てを探す際は、
*断熱性
*駐車スペース
*周辺環境

という3つを軸に物件をみていくことで、その土地に適した物件をみつけられます。
周辺環境は平日と休日で異なる場合が多いので、
周辺環境は都合をつけて平日と休日のどちらもみると良いですよ。

 

[注1]一般社団法人自動車検査登録情報協会:都道府県別・車種別自動車保有台数[pdf]
https://www.airia.or.jp/publish/statistics/ub83el00000000wo-att/01_2_0001.pdf
[注2]福岡県:平成29年福岡県の人口と世帯年報[pdf]
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/40273.pdf
[注3]福岡県警察:自動車の防犯対策
http://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/seian/other/jidousha.html