小学生のお子様を養育するご家族で福岡県の一戸建て購入を検討する際は、
お子様が将来進学することを考慮して福岡市などの中学・高校が多い地域を選びましょう。

 

中学・高校が多い地域の一戸建てを選ぶことで、進学先の選択肢が広がります。
お子様の将来や万が一に備えたいという場合は、児童手当の制度が用意されている久留米市がおすすめです。
小学生のお子様を持つご家庭向けに、福岡で一戸建てを購入する際のコツを紹介します。

 

福岡での一戸建て購入のコツは学校数と児童手当

 

小学生のお子様を養育するご家族で福岡県の一戸建て購入を検討する際は、
お子様が将来進学することを考慮して福岡市などの中学・高校が多い地域を選びましょう。
また、お子様の将来や万が一に備えたいという場合は、中学生まで児童手当の制度が用意されている
久留米市がおすすめです。

今回は、そんな小学生のお子様を養育しているご家族に耳寄りな情報を添えて、
福岡で一戸建てを選ぶ際のコツを2つ解説します。

 

1. 福岡市などの中学・高校が多い地域に所在する一戸建てを選ぶ

福岡市などの中学・高校が多い地域に所在する一戸建てを選ぶ

 

小学生のお子様がいるご家庭の場合、お子様が将来進学することを考慮して、
中学や高校の多い地域で一戸建てを購入するのがおすすめです。

 

福岡県内でも福岡市は最も中学・高校が多い地域であり、市内に所在する中学は82校、高校は38校。[注1]
福岡市の一戸建てを選ぶことで、豊富な選択肢からお子様にピッタリな進学先を選べるでしょう。

福岡市は偏差値の高い名門中学・高校も多いため、お子様に質の高い教育をうけさせたい
ご家庭に相応しい地域です。

 

例としては地下鉄空港線唐人町駅から徒歩15分圏内の福岡教育大学付属福岡中学校や、
七隈線六本松駅から徒歩10分圏内の福岡大学附属大濠中学校・高等学校などがあります。
学校から自宅までの距離が近いと日々の通学時間を短縮でき、お子様に時間的な余裕が生まれる点、
習い事や勉学などに勤しむ時間が多く割ける点もポイントです。

 

その他、商業施設や医療機関も多い地域なので、子どもに限らず高齢な人も安心して暮らせる地域です。

 

[注1]福岡県庁:平成28年度学校基本調査
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/dataweb/search-1021-2016.html

 

 

2. 久留米市などの児童手当がある地域に所在する一戸建てを選ぶ

 

久留米市などの児童手当がある地域に所在する一戸建てを選ぶ

 

お子様の将来のために少しでも多くお金を貯めておきたい、万が一に備えて生活を安定させたいという場合は
児童手当がある地域に所在する一戸建てを選びましょう。
久留米市は、市内に住民登録を行い中学生までのお子様を養っているご家庭を対象とした
児童手当が用意されています。

 

児童手当の制度は久留米市以外の地域から越してきたご家庭も対象であり、
本制度の手当額は以下のとおりです。[注2]

 

無題

 

 

児童手当は、久留米市役所にて所定の手続きを行えば受け取ることが可能です。
ただし、扶養家族の数に応じて所得制限が定められているため、
市役所窓口あるいは市のホームページにて詳細を確認しましょう。所得制限を超えている場合でも、
中学生までのお子様がいるご家庭であれば月額5,000円の児童手当を受け取れます。

 

[注2]久留米市:子育て支援 児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当
https://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2040kosodate/3090teate/zidoteate.html

 

 

 

福岡で一戸建てを選ぶ際は物件の周辺環境や地域の治安もチェックする

 

福岡で一戸建てを選ぶ際は、病院・スーパー・公園といった周辺環境はもちろん、治安もチェックしましょう。
お子様を安心して養育するためには一戸建ての近辺に病院があったほうが心強く、
また近くに公園があればお子様も喜ぶでしょう。

 

治安は、物件の内覧などで地域に訪れたときに実際に目で見て確認するのが一番です。
昼夜それぞれ時間帯を変え、お子様が通う学校から物件までのルートや物件から
最寄り駅までのルートなどを実際に歩いてチェックしましょう。