熊本で建売住宅を購入するときのおすすめエリアは3つ。
熊本市内であれば交通機関が発達しているので、県外や国外への移動が多い方にはうってつけです。

 

特に人口が多い東区であれば、熊本駅から離れているものの、商業施設が充実しています。
また、有明海に面した西区は自然豊かなエリアで、子育て世代にはありがたいエリアです。
加えて、中央区に近い北区であれば、繁華街に簡単にアクセスできます。
場所により特徴は変化するため、建売住宅を購入する際は、自分の希望に沿ってエリアを選んでみましょう。

 

 

熊本で建売住宅を購入するときのおすすめエリア

※画像はイメージです

 

建売住宅はすでに建てられているので、希望に合わせて建築設計して…ということはありません。
あと決めなければならないのは、どこで購入するかです。

熊本の各地域にはそれぞれ特徴があるので、自分の好みに合う住まいをかなえられるでしょう。
今回は熊本で建売住宅を購入するときのおすすめのエリアを3つご紹介します。

 

 

公共交通機関が発達して広めの用地も期待できる熊本市

 

公共交通機関が発達して広めの用地も期待できる熊本市

 

県では局地的に自動車に傾いていますが、熊本市では幅広い公共交通機関が利用できます。

熊本駅から、新幹線を使えば博多駅までは最速で33分、鹿児島中央駅からは最速44分で移動可能。
鉄道以外にも、路面電車やバスなどの交通網も広がっています。

他にも空港やフェリーがあるので、熊本市は遠出の際に玄関口となるでしょう。
熊本市においては、交通機関による移動が容易という点が強みと言えそうです。

 

 

5区のなかでも最も人口が多い東区は商業施設も充実

 

熊本には5つの行政区がありますが、そのなかで最も人口が多いのが東区です。
そのため大型の商業施設から個人店まで、商業施設が充実しており、買い物には困りません。
熊本駅からは離れていますが、車を持っていれば、熊本駅から区内までは22分ほどで行けるため、
マイカーがあるご家庭なら不便には感じないでしょう。

 

 

自然豊かな場所で暮らすなら有明海を望める西区

 

自然豊かな場所で暮らすなら有明海を望める西区

 

雄大な有明海に面するのが西区。区内には、金峰山、三淵山、権現山、独鈷山といった山々に加え、
熊本藩初代藩主、加藤清正像が建つ本妙寺公園や三賢堂公園といった公園もあり、
豊かな自然のなかで暮らせます。子供がのびのび遊べるスポットが満載のため、
子育て世代にはありがたいエリアです。

 

 

北区なら繁華街へのアクセスも便利

 

北区なら繁華街へのアクセスも便利

 

熊本市内の繁華街に中央区が挙げられますが、その分、地価が32万4497/m2と高くなっています。
その点、隣接する北区であれば、4万6369円/m2という地価なうえに、熊本電鉄藤崎線を使えば、
終点の藤崎宮前駅で下車し、繁華街に向かえます。また、市内を南北に国道3号線が通っているため、
ロードサイドにも店舗が展開されており、車を持っている方であれば、住みやすい街といえます。

 

 

熊本で建売住宅を購入する際には自身の希望に応じてエリアを選ぶ

 

熊本市は、熊本駅を中心とした公共交通機関の広がりがあります。県外や国外への移動が多い方に向いているでしょう。

市内のなかでも東区は、大型の商業施設から個人店まで、商業施設が充実しています。
また西区には豊かな自然が広がっているので、ゆったりと暮らしたい方にはぴったりでしょう。

北区であれば、繁華街である中央区への交通アクセスがあるというポイントが挙げられます。
このように場所によってその魅力は大きく変化するため、熊本で建売住宅を購入する際は、
自分の希望に沿ってエリアを選んでみてはいかがでしょうか。